豚丼と相性バツグンのカッコよさ

豚丼の関連商品を取り揃えております

おはようございます\(^^)/

少し前の休日でランチを食べに

高田馬場    カフェ    長瀞とガレ



武州豚のみそ豚丼




セットのウーロン茶



みそ豚丼のアップ

豚肉の味噌漬けって大好きなんです!!
もちろん豚肉に限らず魚もですけどね。



もふガレ

もちもちフワフワのガレット生地にみそ豚の腸詰めが挟んであります。
気付かずにデザート系だと思って食べたら中に腸詰めでビックリしました。
結構ハマる美味しさで、程よい塩気がいいですなっ
ガレット生地は、もちもち感があるので食べ応えもあります。

ごちそうさまでした。


ではではパー




豚丼さまざまな種類と豊富なラインアップ

「ガッツリ!吸いとろろ」

gatugatu佐藤です。

「スルスルスル~ッと食べやすい!

お吸い物ようなとろろ芋料理」

を伝授します。

あなたは長芋食べてますか?

長芋は山芋という言い方をする方も

いますが、栄養価が高い食材の1つ。

カリウム、亜鉛、鉄分などのミネラル

が多く、ビタミン郡もバランスよく

含んでいます。

ミネラルには体の調子を整える効果や

抗酸化物質を作りだす際に重要な役目

をする効果もあります。

また、

長芋はアミラーゼという消化酵素を含み

炭水化物の消化を助けますので、

「そば」や「ごはん」にトロロ芋をかけ

て食べるのは良いことなんですね。

疲労回復や胃の粘膜を保護する効果を

発揮するネバネバ成分の『ムチン』と

いうのも含んでいて、

暴飲暴食の多くなる夏場には胃のケアを

する役目もしてくれます。

『ムチン』にはたんぱく質を分解する

酵素も含みますから、肉、魚、玉子、豆

を食べるときにいっしょに食べれば体に

負担をかけず消化を促進します。

ただ、ムチンは熱に弱いので、

「ムチンをたっぷり摂ってやる!」

という場合は”生”で食べて下さい。

食物せんいもそこそこ多い長芋は、

腸の調子も整えてくれます。

それと『コリン』という成分はこれも

疲労回復の効果を出し、動脈硬化の

予防や脳にも良い影響を与え認知症

抑制効果にもなります。

様々な効果を話しましたが体調を崩し

やすい夏には効果的な食材の1つで

あるってことですね。

で、

そんな長芋の料理には色々あります。

私も、このブログで「長芋ステーキ」、

「長いもトとろろ焼」「とろろ芋の豚丼

「長芋とエビの酢物」など伝授してますが、

今回は、冷たく食べやすい「長芋料理」

を紹介します。

定番のとろろ芋を作るのですが、

そのとろろ芋に”お吸い物を混ぜる”

『吸いとろろ』という簡単な料理です。

とろろ芋でもなく、お吸い物でもない、

『吸いとろろ』。

和食には野菜、魚介などをすりおろし

たり、すり潰したりしてお吸い物と

混ぜる料理がたくさんあります。

あわび、マグロ、蓮根、納豆などが

あります。

その中でもシンプルでくせが無く食べ

やすいのが『吸いとろろ』です。

お椀の縁に口をあてるとスルスルスル~

っと軽く吸い込める。

定番のとろろ芋よりも”もっと”飲み

こみやすいお吸い物のようでお吸い物

でない「冷たいとろろ芋」ですね。

通常、少量で食べる料理ですがあえて

ガッツリ!の量で食べる。

「ズルズルズルズル~~~」とたっぷり

吸い込んで頂きたい!

これ、私が修行時代に覚えた料理ですが

注文が入ってから一から作ります。

お吸い物ととろろ芋を混ぜ冷蔵庫に

保存して注文が入れば盛り付けるだけ

の状態にしておけば楽なのですが、

なんでも丁寧に作るお店でしたので、

一から作ってました。

これがちょーめんどくさい・・・

注文が入ったとき私は、いかにして

この料理から逃げるかをいつも

考えてました(笑)

ただ、お客さんに人気の料理だった

ことは間違いないですね。

簡単すぎる作り方、伝授します!

↓↓↓

【材料】

長芋・・・250g

くず海苔・・・少々

(海苔の袋の
底に溜まる細かい海苔)

《吸地》

水・・・200cc

塩・・・2g(3本指で2つまみ弱)

酒・・・小さじ1/4

淡口しょう油・・・小さじ1/4

カツオ出汁の素・・・3本指で2つまみ

※「カツオ出汁の素」の種類によっては

塩分が多いタイプもあるので塩は加減

して下さい。

1、吸地(お吸い物だし)を作ります。

先にボウル(鍋が浸かる大きさ)に

氷水を作っておきます。

鍋に水、調味料を全て入れ強火にかけ

混ぜながら沸かし、沸騰したら

火を止めます。

(塩が溶けているか確認して下さい)

2、鍋ごと氷水に浸けて冷まします。

(よく冷やして下さい)

3、とろろ芋を作ります。

長芋は、ピーラー(皮むき)で皮を

全て剥きます。

4、おろし器で回しながらすりおろします。

繊維に逆らってすりおろせば滑らかな

とろろになります。

5、ボウルに移しかえてよく混ぜます。

6、冷めた吸地を少量づつ加えながら

混ぜます。

しっかり混ざれば出来上がり!

7、一文字にくず海苔をかけて完成です。

ズルズルズル~~~と吸い込んで食って

下さい!

冷蔵庫でよく冷やして食べればさらに美味しいです。

長芋を買っておいて下さい。

長芋短冊、ふつうのとろろ芋で

食べるのも美味しいですが、

「吸いとろろ」もおすすめです。

是非!作ってみて下さい。

追伸:

おすすめの長芋料理はこちら↓↓です。

[広告] 楽天市場
  • 十勝 豚丼の具(タレ付)×2袋
  • 【国産 安全】牧場産直 豚 バラ しゃぶしゃぶ 300g SGP 銘柄豚スーパーゴールデンポーク豚肉 お肉 ブランド豚 生姜焼 豚丼 しょうが焼き プレゼント 贈り物 結婚祝い 祝い 内祝い 贈答品 御礼 ギフト お弁当 おつまみ お中元 御中元 お取り寄せグルメ
  • 【ふるさと納税】B41-2 豚丼・ハンバーグセットB
  • \全アイテムポイント5倍!!/ ベル食品北海道ぶた丼のたれ(8袋入り)豚丼 タレ 調味料 ギフト プレゼント プチギフト 北海道 お土産 取り寄せ
  • のぼり 【「豚丼」】のぼり屋工房 SNB-1165 幅600mm×高さ1800mm【業務用】【グループC】【プロ用】
  • 北海道帯広名物豚丼用 本生豚肩ロース(十勝鹿追町産) 400g(2〜3人分)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする